Creating filtered version of banner image.

プロフィール ・ Bio

Charlie Okamura

1977 年、アメリカ カリフォルニア州ウェストミンスター生まれ。
演歌や詩吟など日本の音楽をこよなく愛す日系一世の両親の元に生まれる。
幼少時に演歌に目覚め、現地 LA で“演歌少年”として名を馳せる。
音楽の英才教育を行う芸術高校では、ポップ、R&B、舞台音楽と幅広く学び、 
卒業後は、世界各国でステージ活動を行う“ヤングアメリカンズ”に所属。
音楽の大切さ、歌う楽しさを子供たちに伝える活動を5年間続ける。
ディズニーランドでの歌のステージや、得意のダンスパフォーマンス活動、 
演歌をテーマにした現地ラジオ局でのパーソナリティなどを経て、 2010 年、
日本での音楽活動をスタートすべく東京へ移住。.. 現在 42 歳。母国語は英語と鹿児島弁。

Music History
弱冠5歳にしてに歌の楽しさに目覚め、LA・リトル東京での素人名人会で 『奥飛騨慕情』を歌い、 
8歳の折には現地テレビ局主催のカラオケ大会で『兄弟船』を歌い優勝する。
以降、歌に真剣に取り組み、演歌のレッスンを 10 年間受ける。
その間、様々な日系アメリカ人のイベントにゲスト歌手として登場。松原のぶえ、水前寺清子など 日本の著名歌手が LA でコンサートを行う際は、 地元の演歌歌手として、同じステージで歌う経験も持つ。
23 歳の折には、日系ラジオ局で自分の演歌をテーマにしたトーク番組をもつ。

演歌一色の音楽生活は、高校進学を契機に大きく裾を広げていく。 
音楽や芸術教育で名高い「The Orange County High School of the Arts (OCHSA)」へ進学。 
劇場音楽、クラシック、ポップミュージック、R&Bなど様々なジャンルにおいても 演歌で築いた音楽センスと歌唱力を土台に、さまざまな方面で才能を開花させる。
学校代表として、ハワイ音楽の伝説であるドンホーと一緒にステージに立つこともあった。 
高校卒業後は、自らの音楽への情熱、才能、経験を生かせる場を求め、世界各国でステージ活動を行う 非営利団体「ヤングアメリカンズ」に入団。

The Young Americans 
全米26州やドイツ国内を巡り、音楽の大切さや楽しさを子供たちに広める活動を5年続けると共に、日本人の謙遜さとアメリカ人の情熱を併せ持つ稀有な存在として、海外ツアーの責任者を任される。 
その後は、南カルフォルニアのリッツカールトンホテルで映像音響の仕事に携わりながら、 ディズニーランドにて歌の活動を続け、サウンド・オブ・ミュージックの映画で有名な ジュリー・アンドリュースと同じ歌のステージに立つ経験ももつ。
15 年続けているヒップホップダンス、スウィングダンスの世界でも積極的に活動。
グラミー賞受賞経験のあるプロデューサー、Darryl Swann 氏がプロデュースする新曲(Nobody Till You...)のデモシンガーを務める。



Charlie Okamura was born in 1977 in Westminster, California. 
He is the oldest son of avid traditional Japanese country and folk song enthusiasts. 
The first stage appearance took place in Little Tokyo (Los Angeles) 
in an amateur vocal contest, when Charlie was only 5 years of age.
He performed a country song in Japanese with out having a clue to what the song was about.
At the age of 8, Charlie won the first prize at a Karaoke contest in Little Tokyo. 
This was the beginning of his singing career.

From age 8 to 18, Charlie received Enka training and 
soon became a popular Enka singer, often referred as a "little Enka boy". 
He performed with various Enka professional singers in their concerts and 
was also repeatedly invited to sing in various events in Los Angeles. 

Charlie’s musical horizon extended from Enka to Theatrical, Classical, Pop and R&B during high school years. At The Orange County High School of the Arts, Charlie was elected to join a pop group, The Kids Next Door, and performed at various venues including a performance with Don Ho. 
Upon his graduation, Charlie put musical enthusiasm to good use by becoming a part of The Young Americans, a non-profit organization. For five years, he traveled extensively; 26 states and Germany to teach the joy and importance of music to children. Charlie and his cast also sang in various non-profit events such as the opening of Special Olympic in Michigan and Senior Olympic in Arizona. 

Charlie then pursued his career at the Ritz Carlton in Southern California as an Audio Visual specialist, while continuing his singing career at Disneyland Resort. 
He has performed as a DJ, danced Hip Hop and Swing Danced for over 15years. 

Charlie has worked with Grammy Award winning producer Darryl Swann, recording a demo song (Nobody_Till_You...) for him in Hollywood, California. 


Charlie now resides in Tokyo pursuing further development of his singing career. 
Through music he delivers synergy of various cultures, experiences, and most importantly, his passion for this art.


Schedule

  • December 19, 2019
    M・YAMANO Tower 27階 「 Club Only One 」
     

Soundcloud

Social Media

Join the email list!

Official Facebook